今日中にお金が必要

無人契約機でキャッシングは実は有人だったというウワサ

よくある都市伝説の一つではありますが、こういう話を聞いたことがある人もいるかもしれません。ある時にお金が足りないので最近流行りの無人契約機をつかって見ることにした男は、そこでいろいろな行動をとってみた。無人だから誰も見ていないだろうと思ったら、その無人契約機の中から「見ているよ…」という声が聞こえて、怖くなって逃げ出したというものです。

これはちょっと脚色はあるかもしれませんが、無人契約機の中には人が入っていて、それで審査をしてカードなどを発行しているんではないか?というものです。なかなか面白い都市伝説ではありますが、無人契約機はどのキャッシング業者でも無人であるのは間違いありません。いわゆるATMと同じようなものと考えてもらっていいでしょう。ですが、なぜこのような噂がたってしまったかというと、おそらくそれは行動は遠くから把握しているからだと思います。

どういう意味かといえばこの無人契約機内の行動というのは全て監視カメラで監視されているのです。どういう行動をとる人間なのか、それを逐一チェックすることで、貸出をしても大丈夫な人間化をチェックしているのです。変な行動をしたり怪しい行動をする場合には貸出に適していないということで契約を断ることもあるのです。こうして遠隔操作でビデオカメラを通じて相手のことを見ていることから、都市伝説のように無人契約機のキャッシングは実は有人なんだというような話になったのだと思います。

実際のところはビデオカメラで取られているくらいで、後は全て無人でインターネットを通じてやり取りをされています。ですから、あえて無人契約機を使わなくても最近ではインターネットの通じているパソコンを使えば、簡単に借入の申し込みができるということです。さすがに対面とは違って相手の状況などは見えないですから、そこだけはちゃんとフォローするために電話で確認をしたり、もしくは貸出の額を10万円等の少ない額にするなど、いろいろと工夫をしてパソコンとインターネットがあれば簡単に借り入れできるようになっているのです。

銀行振込でキャッシングはモビットもできるが時間の制限がある

銀行の口座が知らない間に少なくなっているときはすごく焦ってしまいますよね。特に引き落としがすぐ迫っている場合なんて、なんとかしてお金を用意しないといけないのですが、財布にはあまりお金がないので振込をすることができない…となればモビットの出番でしょう。モビットを利用したことがあれば銀行振込での借入も可能です。一般的には現金出金が多いですが、こういったぎりぎりの時には銀行振込での借入も非常に多いのがモビットです。

実際に振り込みを使う人はこういった引き落としがある前に利用したり、インターネットショッピングで必要だからということで振り込んでもらったお金をそのまま業者に振り込んで、何かを買ったりする場合が多いです。これだけを見ると便利な振り込みですが、モビットで気をつけないといけないのは時間制限でしょう。これはモビットが悪いわけではないのですが、14時50分までに振り込みをお願いしなければ、次の日の銀行振込になってしまうとされています。

これは別にモビットのシステム上こうなってしまうのではなく、日本の銀行システムがこのようになっているから仕方ないのです。窓口が3時に閉まるのと同じように振込処理自体も3時に終わってしまうのです。非常にめんどくさくて意味の分からないシステムではありますが、今のところはこれを利用するほうが便利ですし、利用せざるをえないので銀行振込を選ぶ場合にはちゃんと時間制限を理解してから利用しなければ、次の日に振り込みになってしまう恐れがあります。焦っていない時はいいですが、切羽詰まっている時には間違えないように注意しましょう。

もしくはもう預入とATMでの借入を併用するという方法もあります。これはいちいちコンビニや銀行のATMに行かなければなりませんが、モビットで借り入れたお金を自分の銀行口座のATMに現金で直接預け入れるというものです。預入自体はすぐに対応してくれるので数字にも出ますから心配ありません。最悪振込の時間を過ぎてしまったのであれば、このATMを駆使する方法を面倒ではありますが使うのがいいかもしれません。

明細を送らないようにできるアイフルだが機能が制限される

消費者金融を利用していることを知られたくない、カードローンなどで借金があることを隠したいという人、多いと思います。隠していたことによってカップルは分かれることもありますし、夫婦だって破綻してしまうこともありますが、それでも利用したいという欲望に勝てない時もあります。出来ればちゃんと二人で話し合って、足りないなら借入をするというように、夫婦の場合は特にしておいた方がいいですが、一応借入の時に通知を受け取らないようにするという設定がアイフルでは可能です。アイフルでは明細すらも送らないようにする方法が選べるのです。

これは非常にありがたいことです。借金をしていることがバレる時というのはこの明細書が見つかった時がほとんどです。明細を見つけて「これはどういうことなのか説明しろ」と言われ、そこから関係がギクシャクしてしまったりするものなのですが、アイフルの明細を送らない設定に出来ればそういった借入などがバレる確率が格段に減ります。良い事だらけのように思うかもしれませんが、実はそうでもなくてデメリットもちゃんと用意されています。アイフルとしてはそういう人には貸出を増やしたくないというのもあるのかもしれません。

デメリットとして利用できない機能というのがあるのです。例えば融資を振込してもらうということができません。振込をしてもらったことを確認するのには明細が必要ですが、不要と言っている限りは確認ができず、結果的にトラブルのもとになりかねないと判断してのことでしょう。ですから専用ATMや提携のATMをつかってお金を借入ることになります。返済についても領収書が発生してしまう場合があるので、それだけは注意したほうがいいでしょう。専用ATMや提携ATMを使うだけの人手あれば、明細不要にしてもデメリットは特にないように思います。

借金などのお金の問題は関係が近くなればなるほど揉めやすいものですから、彼氏彼女くらいの間は隠れて借入をするのはいいかもしれません。しかし夫婦になってしまったんであればそれは先に話し合いをした方がいいと私は思います。

即日の振り込みを希望するならプロミスには午前中に行こう

たまに何を勘違いしているのかわからないですが「即日融資だったんじゃないのか!」と振り込みがなかったことに怒って、口コミの掲示板などに文句を言っている人がいます。即日で審査してもらって、最速の場合ではその日のうちに振込があると思っていたようですが、よくよく話を読んでみるとその人は仕事から帰ってきて夕方から夜にかけて登録をしたというのです。実際に稼働しているのは人間で、人間が活動している時にしか審査はできませんから、人が帰るような時間に登録をした所で即日融資をしてもらえるわけがありません。早くても次の日の午前中といったところでしょう。

実際に早くに振込をして貰いたいのであれば午前中までに終わらせておいた方がいいと言われています。プロミスなどでは即日融資ができる、振込をするというふうに言われていますが、振込み自体を完了するのは銀行の仕事です。そして銀行は窓口や振込み自体を3時までしか受け付けていません。夜中に振り込みを完了させる銀行は稀であり、大手のところはまずありえないことを考えると、3時までに審査を終えておく必要があるのです。ですから午前中にやっておくことが無難とされています。一応2時くらいまでは大丈夫と言われていますが、あまりにもギリギリだと審査が明日に回される可能性もあり、振込完了が明日になるかもしれないので、午前中にしておいたほうがいいというわけです。

結果的に振込をしてもらうにはこの24時間対応であっても、今の日本の銀行ルールにも適応させないといけないという点が非常に厄介です。銀行がいつでも24時間対応してくれるのであれば、このような口コミで文句を言われることもなくなるでしょうが、今でも銀行は3時までですし、振込完了は夜にはほとんどありません。今後もこの状況は長く変わらないでしょうから、そのうち変わるのを待つよりも、早くからプロミスに連絡をして振り込みを完了させるようにした方がいいと思います。プロミスを使おうと思っている人は即日融資をするときに、条件があるということを覚えておいて、利用するようにしてください。でないと恥をかいて損をすることになりますよ。

初めて消費者金融を使うならまずはよくある思い込みを捨てよう

なんでも初めてというものはあるものですが、初めて消費者金融を使うとなったらかなり心配でドキドキするものです。これはだれでも最初はそうだったんですけれども、あまり緊張しなくても大丈夫です。とって食われるようなこともないですし、初めて利用するという人ほど優しくしてもらえるものです。新規顧客をたくさん開拓したいと思っている消費者金融ばかりですから当然でしょう。

では初めて借入をするときに気をつけなければいけないことは?と言われた時に、まず考えられるのは思い込みの排除でしょう。おそらく多くの人が似たような先入観を持っていると思いますので、それをなくすことが重要です。先入観を持って利用してはいいことはありませんし、実際に使っていくごとに「自分の考えていたことは間違いだったんだ」というのがわかります。ですから最初のうちに考え方を改めておくべきでしょう。

例えば借入をするときには怖い人が出てくるという考え方です。もしくは取り立てに怖い人が来て脅されるというように考えている人がいますが、まったくそういうことはありません。最近では電話とインターネットによって全ての申し込みから契約まで決まってしまうことも多いので、対面で話をする事自体がありません。とりたてについても電話か督促状が送られて位の事で、遅れたからといって法外な利子を付けて返すように脅されることもありません。

というようにまずは思っているこの思い込みを消すこと、これが重要です。大抵の人はネガティブな思い込みを持っているがために、借入をするのが難しいとか、借入するのは悪いことなんではないかと思ってドキドキしてしまうのです。このネガティブで間違った思い込みを払しょくすることで、初めての利用でも緊張せずに使うことができるでしょう。今は法律もしっかりと決まっていますし、大手の業者は消費者金融のイメージを良くしようと必死なので、まず違法なことをしてくることはないと考えていいのです。もっと初めてでもドキドキと緊張せず、気楽に付き合うことができるのが本来は少額の借り入れなんですけれどもね。

サイトマップ